スケジュール管理や運送業等様々な管理システム

Car

経費精算システム

経費精算システムの導入が増えた経緯

経費精算システムを利用していた企業は、資産に余裕のある大企業ばかりでした。便利なシステムであるにも関わらず、一部の企業でしか使われなかったのは、ソフトウェアが高額で取引されていたからです。経費精算システムは売上を向上させるものではありません。業務効率を改善させるためのソフトです。そのため絶対に使わなければならないものではなく、他のシステム導入よりも後回しにされていました。 しかし最近になって経費精算システムは、急速に下落を続けています。それはパッケージ型が衰退して、ASPと呼ばれる技術が採用されているからです。継続的に料金を徴収できるため、高価格で販売する必要がありません。それが経費精算システムの低価格化を招き、中小企業の導入が増えている理由です。

ASP型のソフトが流行する

経費精算システムに限らず、今後はASPのソフトが流行すると考えられています。その理由は中小企業の数が多いからです。取引相手が多い方がサービスを洗練させる必要があります。 そしてASPのソフトには大きな魅力があります。それは導入後に不満を持った時、別のシステムに乗り換える事が容易な点です。パッケージ化されたソフトは、購入時に多額の支払いが必要になります。そのため一度導入を決めると気軽に変更できません。よって選定の作業に大きな時間を費やす必要があります。しかしASPは導入費用を最小限に出来るため、不満があれば契約を打ち切る事が可能です。 そしてASPが何より優れているのは、常にソフトが最新の状態に保たれるため、アップグレードが無用という点です。